Menu
  • 新理工系はじまる
  • ここでしか学べない九州学
  • 学生インタビュー
  • 九産のオシャレカフェ特集
  • リケジョ特集
  • データで見る理工系
  • 教員紹介
  • 入試情報
  • 九産大しか見られないヒミツ

    1. 研究設備紹介
    2. オープンキャンパス情報

    九州産業大学

    教員紹介

    教員紹介

    松野尾 仁美准教授 工学部 住居・インテリア設計学科(新 建築都市工学部 住居・インテリア学科)

    PROFILE
    好きな食べ物 トマト
    趣味 読書
    学生に紹介したい本 エコロジーのかたち
    座右の銘 継続は力なり
    直近で一番お金を使ったこと 出張用のキャリーバッグ
    休日の過ごし方 仕事か寝ているかです
    最近ハマっていること 古民家見学
    学生時代の夢 住宅作家
    大学でよくいる場所 研究室
    必携の品 三角スケール
    教授写真
    最近の実績・研究写真

    最近の実績・研究

    重要伝統的建建造物群保存地区にお住まいの方や地方へ移住された方のヒアリング調査を行っています。また、毎月1回、西日本新聞に「住まいのスタイル」というコラムを連載しています。

    ご自身の取り組まれている研究テーマと、その研究の魅力を教えてください
    居住ライフスタイルおよび居住地選好をテーマにしています。暮らしに焦点をあて、どこに住むとどんな暮らしが実現できるかといった居住ライフスタイルや、どんなところに住みたいかの居住地選好を調査し、その結果をふまえ、暮らしの質を高めることに繋げたいと考えています。
    研究が進むと、私たちの暮らしの中で、どんなところが変わりますか。
    住まいのあり方は暮らしを左右する重要な要素です。住まいや住む場所の質が高まれば、毎日の暮らしそのものが豊かになるのではないかと思います。
    ご自身が学生の頃と比べて、今の学生はどんなところが恵まれていると思いますか。
    施設も充実し、またキャリア支援センターを含めて、ハード面・ソフト面からもサポート体制が非常に整っていると感じています。
    九産大生のいいところ、がんばって欲しいところを教えてください
    元気な学生が多いと思います。その活力を行動に繋げ、学外連携プロジェクトなど様々な課題にも積極的に取り組んで欲しいと思っています。
    学生を指導するときに気をつけていること、期待していることを教えてください。
    机上の空論にならないように実測調査やヒアリング調査など、できるだけ現地に行って、実物を見ることをこころがけています。こうしたフィールドワークを通し、リアルな住まい作りを学んでください。
    学部・学科が新編成へと移行しますが、何が変わると思いますか。
    インテリアから建築、都市デザインを包括する一体的な取り組みができるようになり、空間デザインに対して視野が広がるのではないかと思います。
    九州産業大学を目指す高校生にメッセージをお願いします。
    住居・インテリア学科は、ハードとソフトの両面から住宅やインテリアを実践的に学べます。住まいやインテリアに興味がある人は、オープンキャンパスに来て、学科の雰囲気を感じて下さい。